サポート情報

製品について

Zero Point Shaftとは???
  • バイクのホイールを如何に軽く回すことができるを追求した製品。下地に無電解ニッケルめっきを施し、油分保持性の高いめっきを使用
Zero Point Shaft μとは???
  • バイクのホイールを如何に軽く回すことができるを追求した製品。
  • Zero Point Shaft μは、P.E.O.が追い求めている“ホイールを如何に軽く回すことができるか”を従来品より更に進化した製品 車両・製品開発の現場で養った知識やノウハウの集大成を、世界のレース界(MotoGP,SBK,EWC)やマン島TTレースM-TEC 【Shinden Project】神電 にも採用されている世界最高峰の表面処理技術である “複合めっき”との融合
  • 製品精度をμm(マイクロメートル 10−6m)単位で管理製造 所有の【真円度・円筒形状測定機】で真円度(丸の精度)・同軸度(円筒中心軸の精度)・直角度(幾何学的基準からの直角精度)の製品管理を実現し、多機能解析によるデータより、
  • 製造ロッドから安定している製品を吟味選択する為、絶対時間を必要とし 一度で大量生産ができません
  • 厳選された一品

  • 表面処理には、先端技術である“無電解複合めっき” を使用。これは、めっき皮膜に,析出金属の特性以外の機能を付与するために第2相として導電性微粒子(粒径は、約0.2μm)などを分散・共析させたものです。自己潤滑性と耐摩耗性に優れた皮膜特性を併せ持った機能めっきで潤滑油が使用できない摺動面にも利用可能
  • めっき処理後、熱処理をすることにより更なる溶着安定化を図り、めっき硬度を750-900 Hvを保持することが実現

  • オイルレスの状況でも使用可能
  • これらによりシャフトが接している“ホイール内のベアリング内輪”との関係性が更に改善され、ベアリングのポテンシャル向上に貢献
  • 極上の”Zero Point Shaft μ“が完成
新規製作について≪アクスルシャフト≫
  • 1.原則2000年以降の車両である事 (ラインナップにある製品も含む) 対象メーカーは、弊社取扱メーカーに限ります
  • 2.取扱店からの依頼である事(ホームページ上の【その他】は除く)、 弊社より製作依頼書を発行する
  • 3.別注・特注品ではなく、構成されている部品が純正製品である事
  • 4.車体が確認できる事 (確認構成されている部品の確認と改善できる部位を探す為)
  • 5.上記作業は、製作依頼書受理後、取扱店で実施し、その際に発生したコストは、依頼者負担とする
  • 6.1~3に虚偽が有り、現地訪問測定で判明した場合、測定不可とし、その際に発生した交通費・実費は、取扱店がその全ての費用を負担する
  • 7.性質上、製造できない場合がある
  • 8.その他、ご不明な点があれば、弊社担当者【水田】まで、
新規製作について≪ピボットシャフト≫
  • 1.原則2000年以降の車両である事 (ラインナップにある製品も含む) 対象メーカーは、弊社取扱メーカーに限ります
  • 2.取扱店からの依頼である事(ホームページ上の【その他】は除く) 、弊社より製作依頼書を発行する
  • 3.別注・特注品ではなく、構成されている部品が純正製品である事
  • 4.車体が確認できる事 (確認構成されている部品の確認と改善できる部位を探す為)
  • 5.上記作業は、製作依頼書受理後、取扱店で実施し、その際に発生したコストは、依頼者負担とする
  • 6.1~3に虚偽が有り、現地訪問測定で判明した場合、測定不可とし、その際に発生した交通費・実費は、取扱店がその全ての費用を負担する
  • 7.性質上、製造できない場合がある
  • 8.シャフトを送付して製造する事ができるが、以下の手順とする
  •   a.取扱店から、弊社担当者まで、直接連絡後、弊社より製作依頼書を発行する
  •   b.製造可・不可の判定をする為に写真等の提出をお願いする事がある
  •   c.製作依頼書が弊社に提出後、発送者送料負担で、弊社、担当まで送付
  •   d.製品到着後、約1週間のちに返却
  •   e.注文書が届いた後、弊社より注文請書に納期記載し返信する
  • 9.その他、ご不明な点があれば、弊社担当者まで、
適合する車両について
  • 弊社製品は、正規店から購入された正規車輛に対して対応している製品です。フロントフォーク・トップブリッジやスウングアームなど変更された車両や個人やオークションの中古購入車両は装着は、自己責任の下 判断して下さい。装着できない場合  (((( 違う製品を注文してしまった場合 )))) に該当し、新規製作不可です。
弊社来店 直接のご購入に関して
  • 弊社店舗ではなく製造工場の為、基本的にはお受けしておりません。 お近くのバイクショップ及び用品店でのご購入をお願いしております。 ですがお近くにお住まいとのことですので下記条件でよろしければ直接のご購入をお受けいたします。

    (1)製造スタッフが対応する場合があり、お越しいただく日時を事前にTELにて、ご連絡頂く事(日時によっては不在の場合もございますのでご連絡をお願い致します。)
    (2)連絡なしで来社された場合、状況によっては対応できない場合があります。必ず事前に連絡してください。
    (3)お支払い方法がクレジット決済のみとなります。(釣銭を会社に置いておりませんのでご了承くださいませ。)

    ○ご注意事項 下記をご了承の上自己責任でお越しください。大変申し訳ございませんがいづれも弊社では責任を負いかねます。
    ※金属加工工場の為、弊社工場敷地内にはとがった金属片が至る所に落ちております。タイヤに刺さり、パンクの原因になる可能性もございます。
    ※基本的には弊社敷地内の空きスペースに駐車できるようになっておりますが、取引先のトラック等が荷卸しなどを行っている場合はご利用いただけません。
    ※工場地帯の為、多くのトラックや業務用車が行き交う地域となっております。周辺に駐車された際のトラブル等に関しましては責任を負いかねます。
アクスルシャフトとは?
  • 車輪の中心部を通る軸のこと。さらにフロントフォークや車体【スウィングアーム】を連結する部品でもある。車輪は、タイヤ・ホイール及びそれらを保持するベアリング e.t.c.から構成されており、軸には、ベアリングが常に接している。
純正品との違いは?
  • アクスルシャフトとベアリングを どのようにすれば、良く 転がるかをあらゆる 角度から検討し 追求して開発された製品です。 それもアクスルシャフトとベアリングの関係性などを 熟知して高度な工業製品を生み出す技術力が あった上で 成し得るんだ。単に材質だけを変えた製品でもありません。
他社との違いは?
  • アクスルシャフト製品に対して当社だけが特許権を保有しています。純正品の類似製作製品(材質だけが異なっている)ではなく、品質を高める為に製作の考え方から見直ししております。それが、特許技術につながっています。

    つまり、転がり( 摩擦係数軽減による回転 )が、違います。

なぜ、材質に機械構造用合金鋼(ISO 683-1 ,ISO 683-11に準じる)を選択したのですか?
  • ベアリングと同類の素材を使用することで最も回転するのに適合しているからです。
クロームモリブデン鋼とは違うのですか!?
  • 一般的なクロームモリブデン鋼とは、異なります。材料選択から熱処理による組成構成に至るまで、独自施工です。
製作工程において、大きな違いはありますか?
  • 当社以外の多くは、仕上げ(表面を滑らかにする事)工程に違いが有ります。通常、旋削工程で終了するところ、当社では、研削工程まで、実施しています。数値的ですが、旋削で可能な仕上げは、6.3sですが、研削では、0.05sとなり、違いは、明確です。参照…JISB0601(1994)
研削の精度を教えて下さい。
  • 旋削では、真円度・直角度・同心度・円周振れが、1/100mm(10μm)単位で、制御できますが、研削では、1/10,000(0.1μm)まで可能です。参照…JISB0021(1998)
研磨するメリットは?
  • 製作工程が増える事によって、コストと時間が必要になります。だから、当社以外の多くは、敬遠されているのです。
なぜ、製作工程と時間が他社より必要になるのに低価格なのですか?
  • 自社工場で生産を一貫して行っており、一般工業製品として販売しているからです。当然、全て日本国内から日本の素材で、奈良県にある自社工場で生産しております。
アクスルシャフトを交換するメリットは?
  • 停止時からの動き出しで違いを必ず感じられます。セルフステアリングが良く働きますが、低速から高速域までの直進性も改善されます。また、転がり抵抗が軽減されているので、燃費が改善傾向になります。
フロント側のメリットは?
  • フロントフォークの運動性能が高まり、ハンドルとの一体感が感じられます。女性や小柄も進行方向への切り替えしが容易になり、カーブ等のアプローチがこれま で以上にスムーズに突入でき、コーナーリング中に安定性が増します。締付け部が、HEX形状になっていて、他社との違いを強調できる。転がり抵抗が軽減さ れているので、燃費が改善傾向になります。
アクスルスライダーについて
  • 一部の弊社製品では、取付が困難な社外品のアクスルスライダーがあります。
    弊社では、アクスルスライダーが取り付けることができる様、アクスルスライダー側の無償加工を提供しております。
    条件等によりお請けできない場合や、加工施工不可の社外品もありますので、詳細につきましては弊社製品購入先からの依頼によりお問い合わせください。
フロント側を交換した時のデメリットは?
  •  締付け部が、HEX形状になっていて、簡単には取外しできない。自重が純正品に比べて重たい製品もあります。
締付け部が特殊形状ですが、フロント側の突然のアクシデント対策は、ありますか?
  • 当社のトルクスビットを必ず、インシュロック等でつめ付けておくなど車載しておいて下さい。中心部には、φ8mmの貫通穴が開いています。
リア側のメリット
  • スウィングアームとの一体感が生まれ、リアサスペンションの働きが改善されます。直進性に優れている為、加減速時、車体・タイヤと地面の接地に安定感が改善されます。また、転がり抵抗が軽減されているので、燃費が改善傾向になります。
リア側を交換した時のデメリットは?
  • 自重が純正品に比べて重たい製品もあります。
なぜ、自重が重たいのですか?
  • コスト削減をする際に、製作工程を増やし、ユーザーに高品質で低価格で提供できる製品を目指したからです。もっとも重要な外径には、徹底した技術を費やし、コストを掛けていますが、軽量化だけを求める内径には、コストを掛けていないからです。
自重は、軽くならないのですか?
  • ライセンス等を有しレース等の場合、販売特約店からの相談に応じます。しかし、追加費用が必要になります。お問い合わせください。
フロント側の締付け形状は、変更できますか?
  • ライセンス等を有しレース等の場合、販売特約店からの相談に応じます。しかし、追加費用が必要になります。お問い合わせください。
製作日数を教えて下さい。
  • 在庫品を除き、ご受注後、60-90日間です。
取扱店を教えて下さい。
  • 取扱店とは、当製品について正しい知識を有し、当社製品の品質や製品精度を理解した上で取扱して頂けるお店です。この取扱店でしか新規製作品のオーダーが出来ません。 (地域が【その他】を除く) 販売店等に関しましてはお問い合わせください。
領収書発行に関しまして
  • 領収書は商品やサービスを購入した際に、その代金の支払いを行ったことを証明する書類です。領収書は、民法486条で「弁済をした者は、弁済を受領した者に対して受取証書の交付を請求することができる」と定められています。

     

    クレジットカードでの決済では、お客様と事業者様の間に直接代金のやりとりは発生しません。購入代金はクレジットカード会社から支払われ、クレジットカード会社がその代金をお客様に請求します。つまり、事業者様はお客様から直接支払いを受けていないため、領収書を発行できません。仮に、クレジットカード払いに対して領収書を発行してしまうと、事業者様はお客様とクレジットカード会社の2か所から支払いを受けたことになってしまいます。1つの商品に対して、2つ分の支払いが発生していることになり、事業者様だけでなくお客様側にも経理上の食い違いが発生してしまう可能性があります。この事象は、領収書の二重発行に該当します。
    これらは、「依頼する側も発行する側も、不正使用を疑われる可能性」もある為、弊社では、禁止しております。発行側が私文書偽造罪に問われたり、依頼側では税務署に領収書の不正使用指摘され、該当する税対象に重加算される場合がある為です。

     

    “代引き”は、送り状に添付されております『ヤマトフィナンシャル株式会社』発行分のみとなります。

     

    弊社記入の領収書が必要な方は、“銀行振込”のみ対応いたします。

業販について
  • ホームぺージやバイク雑誌、中古車ショップ登録等にてバイクショップの所在地や情報が確認できることを条件としております。
    確認できる情報がない場合は大変申し訳ありませんが業販でのお取引は、原則できかねます。


    過去に情報のない店舗様とお取引をしたところ、バイクショップ自体が存在しなかったという事例があり、

    その一件以来バイクショップ様の所在地やバイクの取扱いをしているということが確認できばお取引可能

    という形でこのような線引きをさせて頂いております。

    弊社としましても自社の利益を守るための最低限の自衛対策としてこのような確認を取らせて頂いており、

    なにとぞご理解のほどよろしくお願い致します。

免責事項
  • ※製品表面のメッキ斑及び粗面部(製品性能に影響を及ぼさない)
    ●上記は、クリア仕上げをする際に生じる微小の凹凸であり、それ自体は装着する際にそがれ落ちる性質の物質となります。 弊社製品の多くはこれらが付着しているものも混在しており、製品品質には問題ない為。

    ※ノーマル車両を対象としており、純正品以外の装着品が取付けられていて、それが元で装着できない場合
    ●カスタム車両への装着はお客様判断の下、施行して下さい。双方の関係で取り付けられない可能性がある為

    ※お客様の過失による打痕や擦り傷
    ●梱包開封時落下や一度装着された製品である為

    ※お客様での防錆対策処理(メッキ・塗装)除去後の事象
    ●弊社塗布された処理以外の対策処理で製品品質を失う為

    ※お客様での採寸により、製作した製品
    ●別注扱いの為

    ※ショップ・ディラー等以外の取付けた場合に発生した事象
    ●ショップ・ディラー等での装着を推奨し、それ以外での装着では保証を行わない為

    ※メーカー指定の方法以外で取付けた場合に発生した事象
    ●サービスマニュアル等を確認できるショップ・ディラー等に依頼して下さい。

    ※熱処理を行い、からし作業でのひずみが発生を想定。許容値を考慮して設計。外径の形状及び寸法公差。内径寸法・公差・同心・ずれなどは、弊社規格にて合否決定後、製作生産。お客様判断は不可。
    ●弊社の規格で製作致します。

    ※再梱包で発送した ( された ) 場合( 含 : 外装梱包が無状態・紛失 )
    ●販売元が確定できないことがある為

製作理念
  • 純正品のコピーで材質変更や重量だけに突出した製品ではなく、如何に摩擦係数を少なくする事に追求した製品です。

    摩擦係数とは、2つの物体が接触している際、接触面に働く摩擦力と接触面を垂直に押す力との比のことで、要するに『どれ だけ軽く物体(バイク)を動かすことができるのかを数値化した』ことです。摩擦係数が少ないほど、小さい力で物体(バイク)を動かせます。例) 物体の重量が100kgで、50kgの力で動き出した場合、この時の摩擦係数は、0.5(μ)=50(kgf)/100(kg)となります。摩擦係数は各 材料によって異なります。純正品母材の場合、0.5μです。ちなみにチタンの場合0.6μで、純正より転がりにくい結果になっています。

     

    参考資料http://www.labnotes.jp/pdf2/friction.pdf

     

    メッキなどによって純正品やチタン製品は、一般的に0.4μぐらいです。硬質クロームメッキでは、0.1μになりますが、メッキが衝撃で破損しやすく、その破片でベアリングを痛める恐れがあるので使用不可です。

    当製品では、製作工程から見直し、摩擦係数を0.2μにする事が出来ました。
    例) 車体重量が100kgの場合、純正品等では、40kgの力が必要に対して、当製品は、20kgの力で済みます。(ベアリングの転がりで、実際にはもっと軽減します)
    動かす力が少なくする為、少ないエンジンの運動量で動作する為、省燃費が実現されます。ただ単純に、ばね下荷重で数百gを軽減するよりも、動作させる力が数kg軽減できる方が良いのかは、お分かりでしょう!


    製品精度を高めたことによって、ジャイロ効果増幅で操作性や走行中の直進性が向上し、横風の影響が激減する製品が完成しました。

コピー製品について
  • 弊社製品『Zero Point Shaft』のコピー製品が市場に出回ってっており、正規取扱店以外の購入は危険です。
    極端に安い販売価格など、疑わしい商品にはご注意ください。


    ★誠に申し訳ございませんが、弊社ではコピー商品につきましての一切の責任を負いかねます。 返品・交換にも応じられませんので、ご了承ください。


    ★弊社運営のショッピングサイトや店舗以外からご購入された場合、商品をご確認していただき、不審な点などがございましたら、ご購入された販売店または販売者にお問い合せいただきますようお願いいたします。


    ★ご購入された商品がコピー商品かどうかの確認につきましても、お客様がご購入された販売店または販売者へお問い合せいただきますようお願いいたします。


    ★今後もコピー商品の製造業者および流通業者の取り締まりを強化してまいりますが、誤ってコピー商品をご購入しない為にも、正規取扱店よりご購入していただくことをお勧めいたします。

ふるさと納税について
  • 地方自治体への寄付を通じて地域創生に参加できる制度です。

     

  • 製品一覧より、選択 (P.E.O.商品リストの説明はこちらから)
  • *********************************************************************************************
  • 【F-22 Zero Point Shaft】 http://www.peo.nara.jpの製品一覧より、1点選択(価格タイプS、S1は選択していただけません)
    【T-19 Zero Point Shaft】 http://www.peo.nara.jpの製品一覧より、価格タイプがS,S1より1点選択
    【T-20 Zero Point Shaft μ 】 http://www.peo.nara.jpの製品一覧より、1点選択
  • *********************************************************************************************

  • 好きな自治体に寄付金を贈ることができ、返礼品として特産品や名産品などが貰えます。

     

    寄付者の収入等により寄付の上限額(控除上限額)が定まりますが、所得税の還付や個人住民税の控除が受けられ、実質的な自己負担額を2,000円で規定内の製品を購入することができます。

     

    ふるさと納税の仕組みは、

    https://www.satofull.jp/static/instruction01.php

     

    ふるさと納税を利用する

    https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/29201/434135

     

    寄附から控除までの流れ 

    http://www.city.nara.lg.jp/furusato/contents/steps.html

     

    返礼品送付について

    http://www.city.nara.lg.jp/furusato/contents/tokuten.html

     

  • ふるさと納税で手に入れよう!!
  • ①ふるさとチョイス」で寄付する自治体を『奈良市』に選定する
  • ②「寄附を申込む」ボタンをクリックし、必要な情報を入力して完了!
  • ③1か月に2回(15日,末日)の締めごとに市役所からお客様情報が提供されます
  • ④弊社から市役所より提供情報を元にお客様に連絡
  • ⑤希望する製品をホームページの製品リスト(http://www.peo.nara.jp)より、申込口数選択
  • ⑥弊社に在庫がある場合は【確定メール】到着後、約1週間程度で発送
  •  在庫がない場合は発送予定時期をご連絡の上、入荷致しましたら順次発送
  • ※欠品中の返礼品は最大3ヶ月前後、お待ちいただく場合があります
  • ※Zero Point Sahftμは、完全受注生産品の為、在庫無。時間を要することをご了承ください。
  • ※発送につきましては、クロネコヤマト宅急便にて発送し、時間帯指定も可能